★ 希望の星を見出す ★

Sophia ソフィアという命名は 星の名前に由来

 星は昼間にも存在しますが、

暗闇にならなければ見えないものです。

人の心も、明るい気持ちの時には全く気付かなかった

多くの希望の光は

闇にいるからこそ見えてくることもあるのです。

気持ちがどんなに沈んでいても

 きっと前向きに、明るい星のような輝きや希望は見出せるはずです。

 

皆さまにとっての 

Sophia が早く見つかりますようにと願いを込めました。

 


 

星に関連する私の好きな『絵画』と『詩』をご紹介

 

絵を見るのが好きな私ですが

  一番好きな絵画は

ゴッホの

『夜のカフェテラス』

 

 

 ゴッホは少し暗いイメージがあるかもしれませんが、

私はこの絵を見ていると、

なんだか、懐かしいような気持ちになり癒やされます。

ゴッホが日本の浮世絵に影響を受けたからでしょうか?

夜空の星とカフェの光の黄色がとても楽しそうに描かれていて

絵の中の夜の街に入ってみたくなります

皆さまはいかがでしょうか?

 

 

旅行も好きな私です。旅で知った偉人で 山口県長門市の詩人

     お気に入りの詩は

 金子みすゞの詩集

『星とたんぽぽ』

 

青いお空のそこふかく、海の小石のそのように

夜がくるまでしずんでる、昼のお星はめにみえぬ。

見えぬけれどもあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ。

 

ちってすがれたたんぽぽの、かわらのすきに、だァまって、

春のくるまでかくれてる、つよいその根はめにみえぬ。

見えぬけれどもあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ。

 

 

ゴッホも金子みすずの作品も 

何気ない日常の場面が題材です

暗闇があるからこそ、星の光が際立っています。

いつものように存在するものへの気付きでもあります。

ありふれた生活の中で〝希望の光” を見出せるのは

おのおのの視点や捉え方次第なのかもしれません。

  

おふたりとも大変な人生だったようですが

とても素敵な作品をこの世の中に残して頂けたことに感謝します。

 

 

Hiroshima open 2014 1 . 11

2018年 Sophiaは4周年を迎えました。