熱中症

昨年の雨続きの涼しい夏とは違い、今年の夏は連日の猛暑。

グッタリです。

室内でも熱中症に注意、こまめな水分補給!と

そこそこ誰でも注意はしていますが・・・

夏はイベントも多く、炎天下でのスポーツ大会、コンサートなどでは

気を付けていても、熱中症にかかってしまうことがあります。

水分、ミネラルの喪失による、めまい、吐き気などの脱水と

熱射による高い発熱などがおこります。

明らかに汗をかいている場合は、脱水がわかりやすく異変に気づき易いのですが、

全身の皮膚からも知らず知らずに水分が蒸発し、気づきにくい変化もおこります。

なんとなく怖いのは、たいして汗もかかずに頭痛がしたり、気分が悪くなったりしている場合です。

室内や蒸し暑い日などは、特に熱がこもりやすく一気に体温があがってしまいます。

すぐ全身を冷却したくなりますが、手足はさほど熱くなく、寒いとさえ感じられるようです。

全身の冷却は逆に熱放散を妨げてしまい解熱しにくくなる傾向もあります。

冷却は頭や首回りを中心にし、寒さを感じる間は適度に保温し汗をかきやすくすることも必要です。

汗の蒸発が体温を下げるのを助けてくれます。

スポーツや活動前には、事前に水分を補給しておく心がけも大切です。

水分不足ぎみの身体では、運動開始後に汗をかけるほどの水分の貯えが既にない状態です。

途中で補給しただけでは、水分喪失状態の改善に追い付きません。

上手に水分を補給し、あらかじめ汗をかきやすい状態をつくっておくことも必要です。

 

市販のスポーツドリンクは甘すぎたり濃度が濃く、さらに喉が渇くことがあります。

水、お茶だけのがぶ飲みでは、ミネラルの補給にはなりません。

適度な塩分、糖分の補給も必要となります。

以下の分量で飲料水を作成すれば充分な対策となります。

水1L  砂糖40~60g  塩1~2g  レモン汁適量 (日本心身健康科学学会資料参照)

 

多量に水分を補給する必要のあるスポーツなどにお勧めです。活用してみて下さい。

なんとなく調子が悪いと感じたら、水分摂取はもちろん、

できるだけ、涼しい場所で横になり、少し足を高くして休憩してみて下さいね。

 

 

さて、こうも暑いとビールは最高でしょう。(*^_^*)

お酒で水分も補えると思われている方も多々おられますが・・・

アルコールはさらに脱水症状を招きます。ご注意を。

猛暑は嫌いですが、夏を感じられるのは、しょせん1~2カ月程度。

この暑さを楽しむぐらいの余裕がほしい今日この頃です。

 

 



Hiroshima open 2014 1 . 11

2018年 Sophiaは4周年を迎えました。