八咫烏

 

今年が終わります。

災害だけでなく、世界情勢も

穏やかではない印象が残りました。

アメリカ、韓国、日本でさえも

本来の市民の威力を強く感じました。

それが、闇の部分をグイグイ掘り起こし

水面下にごまかされてきた事実は

覆い隠せなくなっているようにも思えます。

 

日本でも安倍総理や、小池都知事の姿を

度々拝見し、市民の意識や興味が

高まっています。

私の興味は、一時期

「~であります。」「~でございます。」

としめくくる、お二人の語尾に向かい

内容そっちのけに気になりました。

事実をオブラートに包むような

回りくどい言い回し?

政治家特有の口癖? 客観性の強調?

そうではないにしろ、ついには

語尾が、演歌のこぶしの様に聞こえ

笑ってしまったのは私だけでしょうか。

とても不謹慎な国民なのであります。

 

さて、来年は酉年です。

新年にカラスは不謹慎ですか?

サッカー日本代表のシンボルでもある

八咫烏は、日本の国造りを導いたとされ

本来、賢く日本の守り神のような鳥です。

いつから、崇められなくなったのか

ゴミをあさる嫌悪感や

耳障りな鳴き声と黒色が

闇のイメージに変えられています。

 

近所で、やたらとカラスに餌を与える

困ったおばちゃんがいます。

ご近所問題です。

おばちゃんは、餌をバラまきながら

「カアちゃんおいで」と親し気に声をかけ

カラスとの共存を唱えながら歩いています。

ゴミにたかるカアちゃんの姿は

とても共存できそうにありません。

が、こわごわ見つめてみると

あれっ、 意外にかわいい 。

くちばしは、大きくふっくら

見ようによっては、黒いペンギンにも。

ゴミを出しているのは人間であって

賢いカアちゃんに罪はないのです。

嫌ってごめん。

少し見方を変えるから

お願いを叶えて下さい。

 

 

八咫烏 様

今あえて

日本の闇を浮き上がらせてくれてありがとう。

本来の力で、日本の国造りを導いて下さい。

そして

物事の本質が、見極められますように。

こころが、安らかに過ごせますように。

 

私は八咫烏に、そうお願いしたのであります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Hiroshima open 2014 1 . 11

2018年 Sophiaは4周年を迎えました。