登山

 

すっかり暖かくなり

春につられ

活動意欲がむずむず。

 

登山趣味もないのに

近場で手軽に登れる山を求め

宮島の弥山へ。

手軽とはいえ、20年前のこの登山

へとへとだった。

運動不足と年齢の負い目は

意欲でカバー。

早く着くより、のんびりを目標に。

 

山頂までひたすら続く

切れ目のない階段

のんびりするタイミングを逃し

考え事も出来ないくらい必死。

2000段はあったとか。

無心になりたい方にはお勧め。

上りは、息 ハアハア

下りは、膝 ガクガク

体力のなさに、我ながら笑えた。

 

 

無心階段を登りきると

見どころ満載エリアに。

ここは、まさしく登山者へのご褒美。

山頂の絶景、オブジェの様な岩の空間。

岩はどうやら神聖なものらしい。

 

大小の岩でなり立つ、この岩山。

この山はいつしか世界遺産となり

空海ゆかりの地でもあった。

素通りしていた諸々が新鮮に感じる。

 

空海といえば

四国のお遍路や高野山だけではなく

この広島も含め、全国あちこちに出没

人間離れした活動量と数々の功績。

ゴロゴロしている私など

お叱りを受けそうである。

見習わねば。

この登山で教えを頂いた。

「お前さん、運動不足がすぎますよ」

と。

今更ながら

偉大な人物像にも興味深々。

映画「空海」もタイムリーに公開中。

とりあえず、見てみるか。

 

 

思い付きの行動、心の赴くまま

やりたいことが浮かんだら、即実行。

それが自分を広げてゆく。

山の一点から広がる眺めの様に。

 

弥山から眺める景色。

空海も見たであろう

水色につながる空と海。

そこに映えわたる

赤い鳥居と社殿

緑に浮かぶ瀬戸内の島々は

ほんとうに美しい。

 

春のひと時

思いきって、なまった

体を動かしてみれば

つられて

心も躍動しはじめる。

 

 

 

 

 

 

Hiroshima open 2014 1 . 11

2018年 Sophiaは4周年を迎えました。